花粉症対策としてのべにふうき(ベニフウキ) | 春のべにふうき屋さん

花粉症対策としてのべにふうき(ベニフウキ)

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Share on GREE
Newsing it!
Livedoor Clip - 花粉症対策としてのべにふうき(ベニフウキ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks

これは 厚生労働省のホームページからの抜粋です。民間療法には色々ありますが、それを試した患者さんの回答の統計です。

民間医療の科学的評価についてはほとんど行われていません。その方法が必ずしも容易ではないこと、コスト、時間がかかることも原因です。前述の平成12年の私達の調査では、アンケートにより患者さんが実感している民間医療の効果を調べたところ、治療内容によって異なりますが、代表的なものに対しては、漢方薬では効果有50%、効果無35%、不明15%、甜茶に対しては効果有14%、効果無51%、不明35%、鼻スチーム療法は効果有46%、効果無44%、不明10%といったところでした

  効果有 効果無 不明
漢方 50% 35% 15%
甜茶 14% 51% 35%
鼻スチーム療法 46% 44% 10%
鼻洗浄療法 46% 54% 0%
クロレラ 8% 44% 48%
ハリ 44% 44% 11%
花粉グミ 29% 64% 7%
シソジュース 18% 36% 45%
シジュウム茶 40% 40% 20%

 

それに対してべにふうきの花粉症に対する効果は,特許を取るまでに研究されています。

●●●楽天でべにふうきを買う ●●●
●●●アマゾンでべにふうきを買う●●●

  • 関連する特許(日本のみ、抜粋)
  • 抗アレルギー剤:特許第3637355号(2005.1.21)
  • 抗アレルギー剤:特許第3694733号(2005.7.8)
  • 低カフェインの茶葉からの抗アレルギー成分含有機能性飲食品:特許第37036875号(2005.8.12)
  • 機能性食品:特許第4158984号(2008.7.25)
  • 機能性食品:特許第4272691号(2009.3.6)
  • 茶葉中に含まれる化学成分の定量方法:特許第4505598号(2010.5.14)
  • メチル化カテキン生合成酵素をコードする遺伝子:特開2006-141242
  • 機能性飲食品:特開2006-232805
  • 血圧調製剤及びこの血圧調製剤を含有した医薬品:特開2007-70338
  • アトピー性皮膚炎用外用剤およびその製造方法:特開2007-126373
  • 抗アレルギー剤及びこれを含有する飲食品、外用剤、化粧料:2007-186462

●●●楽天でべにふうきを買う ●●●
●●●アマゾンでべにふうきを買う●●●

その特許の前提となったデータを具体的に提示すると、以下のようになります。

ba_beni02

ba_beni01

●●●楽天でべにふうきを買う ●●●
●●●アマゾンでべにふうきを買う●●●

このエントリーに対するコメントはありません。

コメントはこちらから

コメントにはログインする必要があります : へログイン

次へ »

« 前へ

▲Page Top