有機栽培べにふうき | 春のべにふうき屋さん

有機栽培べにふうき

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Share on GREE
Newsing it!
Livedoor Clip - 有機栽培べにふうき
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks

春のべにふうき屋のべにふうきは、有機栽培、無農薬栽培です。

楽天で無農薬、有機栽培のべにふうきを今すぐ買う

なぜ有機栽培がいいのでしょうか?それはもちろん農薬の人体に対する影響があります。

残念ながら農薬の人体に対する影響の情報は以外に実例、検証例が少ないのが実態で、なんとなく心配という安全性より不安が先に立っています。

その不安は単なる心理的な物で本当に安全なのでしょうか?多くの場合、ほとんど影響をうけることはないと思われますが、ほとんど以外があるということです。

例えば有機リン酸系の農薬は残留し人体に影響があるということで、ネオニコチノイドと言う農薬がドイツのバイエル社により開発されました。ただ、2006年4月、フランスの最高裁判所がネオニコチノイドは「黒」だと断定し、使用禁止にした、という事実が挙げられています。CCDに苦しんだ養蜂家たちと、熱心な判事が情報を集め、禁止においこんでいます。

しかし、この農薬は日本ではまだ利用されています、もちろんお茶にも。

アクタラ顆粒水溶剤10%
ダントツ顆粒水溶剤16%
バリアード顆粒水和剤30%
アドマイヤー水和剤10%
アドマイヤーフロアブル20%
モスピラン水溶剤20%
ベストガード顆粒水和剤10%

ネオニコチノイド系の農薬の影響で言われているのが、うつ病、自殺、引きこもり、多動性障害などです。

特に日本のお茶は異常に農薬を多用しています。そして以外に怖いのが減農薬、特別栽培です。

それはなぜか、農水省の規定では特別栽培は農薬の散布回数を減らす指導がされています。そして、散布回数を減らすのだからより強い農薬を大量にまくことをJAから指導されています。そして効果が強いネオニコチノイドは多用されています(これは農業関係者が全員認める事実です)

ですから、無農薬栽培に徹して、有機認定まで取ったお茶をお勧めします。特に花粉症対策、ダイエットなどで通常より大量に飲むことが想定される場合にはぜひ、無農薬のべにふうきをお飲み下さい。

楽天で無農薬、有機栽培のべにふうきを今すぐ買う

このエントリーに対するコメントはありません。

コメントはこちらから

コメントにはログインする必要があります : へログイン

次へ »

« 前へ

▲Page Top